なりきり!マイフィギュア、あなたも土佐の高知の坂本龍馬になれます。
マイフィギュア 実用新案取得済オモシロ玩具 マイフィギュア
Twitterキャンペーン
制作期間
マイフィギュアメニュー
商品から探す
禁煙フィギュア
ウェディングマイフィギュア
なりきりマイフィギュア「坂本 竜馬登場!」
ポリスマイフィギュア
ドクターマイフィギュア
スポーツマイフィギュア
バラエティマイフィギュア
ペットマイフィギュア
フォトステージセット
アクリルケースセットA
アクリルケースセットB
目的から探す
ご結婚の記念・お祝い
還暦の記念・お祝い
退職の記念・お祝い
卒業・卒園の記念・お祝い
ゴルフコンペの記念!
季節イベントにぴったり!
フォトステージセット 記念品用フォトステージ お祝い用フォトステージ
マイフィギュアボディ一覧
マイフィギュアの価格とご購入はこちら
アフェリエイト パートナー募集
キャンペーン・販促のお問合せ
運営スタッフ募集

ツイッターでフォローしてください。

ウェディング・マイフィギュアが選ばれる訳!漫画にしてみました。「マイフィギュア・コミック」

ウェディングマイフィギュア

量産オリジナルフィギュア 小ロットでフィギュア製作を承ります。

式場/ホテル/会場の皆様へ ウェディングマイフィギュアを取り扱ってみませんか? 取扱店募集中!!

還暦祝いフィギュア

警察官フィギュア!警察グッズ!制服・交通機動隊・活動服 ポリスマイフィギュア
 
キャッチイメージ

なりきりマイフィギュア坂本龍馬 龍馬の一生を年表にしました。

坂本龍馬年表
年号 数え年齢 出来事
1835年 天保 6年 11月 1歳 11月15日 町人郷士である坂本八平の次男として土佐の高知に生まれる
1836年〜
1843年
7年〜
14年
2歳〜9歳
1844年 引化 元年 10歳
1845年 2年 11歳
1846年 3年 6月 12歳 母幸(49歳)病没
楠山塾に入るがすぐに退塾
1847年 4年 13歳
1848年 嘉永 元年 14歳 日根野弁治道場入門
1849年〜
1852年
2年〜
5年
15歳〜
18歳
1853年 6年 3月 19歳 日根野弁冶より「小栗流兵法目録」伝授される
江戸修行を土佐藩に願い出、父八平に訓戒書をもらい溝淵広之丞と江戸に向う
4月 江戸築地土佐藩中屋敷に入り、江戸京橋桶町、千葉貞吉道場入門
6月 藩命により品川海岸警備につく
9月 父八平に異国人の首を討ち取って帰国すると手紙を書く
12月 佐久間象山に入門し砲術を学ぶ
1854年 安政 元年 5月 20歳 江戸より土佐に向う
6月 土佐へ帰国
7月 「小栗流和兵法十二箇条」「小栗流和兵法二十五箇条」を受ける
11月 河田小龍に世界情勢を聞く
1855年 2年 11月 21歳 土佐藩の砲術調練に7日間参加
12月 父八平(59歳)死去
1856年 3年 7月 22歳 再度の江戸修行を土佐藩に願い出る
9月 江戸土佐藩中屋敷に入る
1857年 4年 1月 23歳 土佐藩より江戸留学1年延期の許可を受ける
4月 斉藤弥九郎の練兵館を訪問
8月 山本琢磨を逃がす
1858年 5年 9月 24歳 北辰一刀流の免許を受け土佐に帰国
11月 水戸藩士の住谷寅之助が坂本龍馬に手紙を書き土佐入国の便宜を依頼
土佐と伊予の国境近くで住谷寅之助と会見
1859年 6年 9月 25歳 徳弘考蔵に入門、砲術を習う
1860年 7年 26歳
1861年 文久 元年 9月 27歳 武市半平太のつくった土佐勤王(皇)党に加わる
平井加尾に手紙を書く
10月 「小栗流和兵法3箇条」を受ける
土佐藩が坂本龍馬の丸亀剣術修行を許可する
丸亀、矢野市之丞のもとへ修行と称し長州探索に向う
1862年 2年 1月 28歳 武市半平太の書簡を持ち長州萩、久坂玄瑞を訪問
長州藩校で剣技披露する
久坂玄瑞と会見、久坂玄瑞の返書を持ち萩を出る
2月 京に入り、土佐へ帰国
3月 武市半平太宅で沢村惣之丞と会う
土佐脱藩、長州へ向かう 沢村惣之丞が案内
坂本権平が龍馬の行方不明を土佐藩に届け出るが檮原村、那須信吾宅、大洲、冨屋金兵衛宅に宿泊
4月 下関、白石正一郎邸に入る
東山明保野亭で吉村虎太郎、久坂玄瑞に会う
6月 大坂で沢村惣之丞と会う
8月 江戸で間崎哲馬と会う
松平春嶽が土方楠左衛門に坂本龍馬が勝海舟、横井小楠への紹介状が欲しいと来訪と手紙に書く
岡本健三郎と横井小楠を訪問
千葉道場に入り間崎哲馬に会う
9月 京で久坂玄瑞と会見
11月 武市半平太、高杉晋作、久坂玄瑞と会見
12月 間崎哲馬、近藤長次郎 江戸呉服橋福井藩邸を訪問し松平春画嶽に面会を要請
松平春嶽に謁見し大坂近海の防衛策などを述べ勝海舟への紹介を依頼する
門田為之助、近藤長次郎 福井藩邸で紹介状を貰い赤坂氷川の勝海舟を訪問弟子入りする
幕府軍艦「順動丸」で勝海舟と兵庫に入る
1863年 3年 1月 29歳 京に入る
高松太郎、千屋寅之助、望月亀弥太、沢村惣之丞、安岡金馬らを勝海舟に入門させる
幕府「順動丸」江戸に向う 勝海舟、坂本龍馬乗船
勝海舟が下田宝福寺で山内容堂と会見
坂本龍馬の脱藩罪を解かせる
品川の勝海舟邸に入り大久保一翁に合う
2月 京土佐藩邸で7日間の謹慎
脱藩罪放免状交付
3月 新宮馬之助と大坂の勝海舟を訪問
安岡金馬と土佐藩より航海術修行の命を受け、岡田以蔵を勝海舟の警護につける
姉乙女に勝海舟の弟子になったと手紙を書く
4月 江戸で大久保一翁訪問、松平春嶽宛ての親書を受け取り「順動丸」で大坂に向う
和歌山滞在中の勝海舟訪問
5月 勝海舟の使者として大坂本願寺、姉小路公知を訪問
越前福井で三岡八郎より操練所運用資金借用 姉乙女に海軍操練所の設立を伝える手紙を書く
京越前藩邸に中根雪江を訪問、春嶽公の入洛を願う
勝海舟に連れられ播磨舞子を視察
6月 勝海舟の使者として京越前藩邸に入る 援助金の礼と銃一丁を届ける 姉乙女に日本を洗濯すると手紙を書く
7月 近藤長次郎と京越前藩邸で村田巳三郎訪問
村田巳三郎に手紙を書く、吉井幸輔宛に手紙作成の依頼
勝海舟に佐藤与之助と連名の手紙を書く
9月 勝海舟と共に大坂に入る
江戸で沢村惣之丞と大久保一翁を訪問、船の貸与を要請
10月 勝海舟と共に江戸に向う
11月 松平春嶽に謁見
12月 勝海舟が坂本龍馬らの国許召還延期の嘆願書を書く
幕府練習艦「観光丸」で神戸小野浜に入港
1864年 元治 元年 2月 30歳 土佐藩が坂本龍馬ら勝海舟門人達に帰国命令を出す しかし命令を無視 再び脱藩して京より大坂・神戸に入る
勝海舟と外国艦隊長州攻撃慰留工作のため「第二長崎丸」で長崎に向う
「第二長崎丸」佐賀入港 勝海舟、坂本龍馬、徳応寺に宿泊
勝海舟は熊本城下新町の本陣に入り、坂本龍馬は勝の使者として横井小楠へ訪問
島原の本陣-会津-長崎に向かう
4月 長崎より熊本-島原に入り横井小楠訪問、内牧-久住-佐賀関-兵庫-京に向かいお龍と出会う
6月 下田で勝海舟訪問 (浪人集団を「黒龍丸」で北海道に送る計画)
7月 大久保一翁を訪問し、「翔鶴丸」で神戸入港後、京に向う
8月 西郷吉之助と会談
神戸で勝海舟に京都情勢を報告
勝海舟が大坂で西郷吉之助に坂本龍馬と同志達のの身柄を託す
10月 坂本龍馬と同志 薩摩藩の保護を受ける
11月 小松帯刀 大久保一蔵に坂本龍馬についての手紙を書く
1865年 慶応 元年 1月 31歳 お龍を伏見寺田屋に預ける
2月 京都薩摩藩邸で坂本龍馬、中岡慎太郎、土方楠左衛門会見
4月 京薩摩藩邸で土方楠左衛門と会う
大坂天保山で薩摩藩船「胡蝶丸」乗船、西郷吉之助、小松帯刀と鹿児島に向う
5月 鹿児島から熊本の横井小楠を訪問 その後大宰府に入り三条実美に拝謁 翌日東久世通禧に拝謁、東久世通禧「偉人なり奇説家なり」と日記に書く
長崎で亀山社中結成
下関、綿屋弥兵衛宅で土方楠左衛門と会い桂小五郎との会見を求める
白石正一郎邸 坂本龍馬、土方楠左衛門、桂小五郎会談
中岡慎太郎が下関に入り西郷吉之助下関に入らずを坂本龍馬、桂小五郎に報告
中岡慎太郎と共に京に向う
6月 京薩摩藩邸で西郷吉之助に長州藩用銃器の薩摩藩名義購入を要請
7月 福岡孝弟と伊達宗成に拝謁
8月 伏見寺田屋に入る
9月 兄権平、姉乙女、おやべ宛てに手紙を書く
西郷吉之助と京を出て大坂を経て兵庫に入る
山口で広沢兵助と面談し長州再征が勅命されても薩摩藩は出兵しないと告げる
10月 下関で高杉晋作、木戸貫治と会見、薩摩藩の兵糧米を依頼
広沢真臣から薩摩藩への兵量米提供の確約を得る
白石正一郎邸に入り印藤聿に面会 その後、木戸貫治、高杉晋作、井上聞多、伊藤俊輔 会談
下関で木戸貫治に上京を求める
11月 大坂より長崎に向う
12月 木戸貫治、黒田了介 下関で会談 「ユニオン号」使用権の約束書、「桜島丸攻守条約」を結ぶ
印藤聿に薩長同盟の成り行きと上京について相談する手紙を書く
1866年 2年 1月 32歳 関地方町年寄福永専介宅で印藤聿より長府藩士、三吉慎蔵を紹介される
高杉晋作が坂本龍馬に漢詩を記した扇とピストルを贈る
三吉慎蔵と下関より乗船、京に向う
京に向かう途中、大坂薩摩藩邸に入り大久保一翁を訪問、三吉慎蔵同行
伏見寺田屋に入る
京二本松薩摩藩邸に入る 池内蔵太の母に手紙を書く
薩摩藩邸で薩長秘密攻守同盟成立
木戸寛治、小松帯刀、西郷吉之助と会談 翌日、木戸貫治が盟約書の裏書を求め坂本龍馬に発送
三吉慎蔵 寺田屋で襲撃される 後、伏見薩摩藩邸に潜伏
三吉慎蔵、お龍 吉井幸輔に護衛され京薩摩藩邸に移る
2月 盟約書に朱の裏書をし、印藤聿に寺田屋の遭難状況と三吉慎蔵の安否を報告する手紙を書く
村田新八が山口で木戸貫治に会い盟約書と坂本龍馬の手紙を渡す
また、木戸寛治は坂本龍馬に裏書の礼と寺田屋事件を見舞う手紙を書く
3月 薩摩藩船「三邦丸」大坂出港 西郷吉之助、坂本龍馬、中岡慎太郎、三吉慎蔵、お龍乗船
「三邦丸」長崎入港 坂本龍馬、お龍と近藤長次郎の墓参りをする
「三邦丸」鹿児島入港 坂本龍馬、小松邸や吉井邸に宿泊を重ねる
お龍と日当山温泉-塩浸温泉-霧島温泉を廻る
4月 開成館訪問
5月 西郷吉之助と会談
6月 お龍 「桜島丸」で鹿児島出港
長崎に入り小曽根邸にお龍を預ける
五島で水難同士を弔い碑の設置を依頼 馬関に向うため長崎を出港 下関に入り高杉晋作と会う
小倉口の戦い始まる 「桜島丸」門司を艦砲射撃 坂本龍馬、高杉晋作、村田新八観戦
白石邸で高杉晋作と会見後山口に向う
山口で薩長同盟の功により長州藩主、毛利敬親より短刀を拝領
7月 小郡より下関に向い木戸貫治に手紙を書く
長崎で五代才助と会見
長州軍が小倉城本陣を総攻撃、熊本藩兵陣屋に火を放ち退却 木戸貫治に長崎の幕府軍の様子を伝える手紙を書く
三吉慎蔵に水夫と機関士を大洲藩に派遣と手紙を書く
亀山社中は経営困難となる 長崎、下関、鹿児島を往来
8月 三吉慎蔵に手紙を書き下関で中岡慎太郎と会見
9月 伊予大洲藩、国島六左衛門 坂本龍馬の斡旋で葡国長崎領事と英国蒸気船「アビソ号」(いろは丸)の購入契約を結ぶ
長崎油屋町大浦お慶屋敷で後藤象二郎と会見
10月 亀山社中 薩摩藩より給金を受取る
プロシャ商人チョルチーと商談 購入船の下見をする
帆船「大極丸」を薩摩藩の保障で購入
11月 五代才助と下関に入り広沢兵助と薩長合併の商社設立を協議
溝淵広之丞と小銃の購入について面談
寺田屋お登勢に手紙を書く
12月 小曽根邸で兄権平に小倉口の戦いの様子を手紙に書く
長崎で国島六左衛門の遺体と対面
1867年 3年 1月 33歳 坂本龍馬 中岡慎太郎を訪問 下関を出港し長崎に入る 長崎清風邸で後藤象二郎と会見 木戸準一郎に会見の手紙を書く
谷千城と面会
長崎で上野彦馬が坂本龍馬の写真を撮影
2月 会津藩家老、神保修理と面会する
お龍をつれ下関、本陣伊藤邸(自然堂)に入り寺田屋お登勢に手紙を書く 鳥取藩士、河田左久馬に下関来訪を願う
三吉慎蔵と会う
薩摩藩士、大山核之助と面会する
土佐藩が坂本龍馬、中岡慎太郎の脱藩罪赦免を決定
3月 長府藩士、印藤肇に手紙を書く
福岡孝弟が坂本龍馬、中岡慎太郎の脱藩赦免状を持ち「胡蝶丸」で長崎に向う、岩崎弥太郎同行
下関に入りした中岡慎太郎と会見
長崎に入り長崎土佐商会で岩崎弥太郎と会う
4月 亀山社中、土佐商会合併 小曽根邸で海援隊発足 海援隊約規制定
海援隊士と写真を撮る
寺田屋お登勢の息子、伊助に海援隊について手紙を書く
「いろは丸」(160t)長崎を出港  紀州藩船「明光丸」(887t)と衝突 曳航され鞆港に向う途中沈没
「明光丸」 海援隊士を乗せ鞆入港
「明光丸」船長、高柳楠之助と談判(26日、27日も)長崎で正否を決する事で合意
大坂の菅野覚兵衛、高松太郎に手紙を書く
鞆を出港  鳥取藩士、河田左久馬と御手洗で面会
5月 下関の三吉慎蔵より「いろは丸」事件の見舞いを受け返事を書く
長崎に向け下関を出航
海援隊が長崎で紀州藩との交渉を開始
後藤象二郎と英国提督に面会
「明光丸」船長、高柳楠之助と紀州藩代表、茂田市次郎と交渉 
お龍に後藤象二郎と京に行くことになったと手紙を書く 小谷耕蔵、渡辺剛八に手紙を書く
後藤象二郎と共に京に向かう船中で、大政奉還の「船中八策」を考える。
6月 後藤象二郎邸で岩崎弥太郎を交え紀州藩との対策を協議し夕刻に五代才助を丸山満喜楼に招き会談
岩崎弥太郎を訪問し酒を酌み交す
土佐藩船「夕顔丸」に後藤象二郎と乗船 船中八策を示す
京の酢屋に入る 中岡慎太郎来訪
明保野亭に中岡慎太郎を田中顕助と訪問
京三本木料亭で西郷、小松、大久保、寺村、坂本、中岡、後藤、乾、福岡 薩土盟約
中岡慎太郎、佐々木三四郎と会談
姉乙女、おやべに中岡慎太郎を褒める手紙を書く
中岡慎太郎 岩倉具視を訪問
西郷吉之助に大政奉還案を打診
7月 中岡慎太郎 後藤象二郎、訪問
後藤象二郎が大政奉還案を藩主に伝えるため土佐に向う 坂本龍馬、中岡慎太郎は大坂まで見送る
京に入り西郷吉之助、訪問 伊達宗城に謁見
京越前藩邸で松平春嶽より山内容堂への書状を託され大坂に向う
8月 佐々木三四郎と薩摩藩船「三邦丸」で大坂出港 途中須崎入港で「夕顔丸」に乗り換える
長岡謙吉とお登勢に手紙を書く 兄権平に須崎港にいることを伝える手紙を書く
下関に寄港、三吉慎蔵に手紙を書く その後長崎に入る
佐々木三四郎と「イカルス号」事件を協議 岩崎弥太郎や佐々木三四郎を訪問
長崎奉行所が「イカルス号」水兵殺害審議
長崎滞在中の木戸準一郎に佐々木三四郎を紹介
岩崎弥太郎に千両の借用を頼む
「イカルス号」事件容疑者乗船の「横笛丸」の呼戻しを決める
岩崎弥太郎や佐々木三四郎を訪問
佐々木三四郎に手紙を書く
9月 長崎奉行所で海援隊士の取調べに立会う
木戸準一郎が坂本龍馬に挙兵討幕が急務で乾退助の役割が重要と手紙を書く
海援隊が蘭国商人ハットマンとライフル3千挺購入の契約を結ぶ
海援隊が芸州藩船「震天丸」に武器を積み長崎出港
下関で三吉慎蔵にお龍を預け伊藤俊輔と会う 木戸準一郎に手紙を書く
「震天丸」で下関を出航
戸田雅楽と土佐に入る
渡辺弥久馬に手紙を書く
土佐藩に銃を売却
戸田雅楽と坂本家に入る
10月 「震天丸」浦戸を出港するが汽缶故障のため須崎に入港
土佐藩船「空蝉」で土佐出港 大坂薩摩屋に入る
永井尚志を訪問、建白書の採用を願う 白川村に中島作太郎と中岡慎太郎訪問 近江屋に移り後藤象二郎に手紙を書く
後藤象二郎訪問 戸田雅楽と新官制擬定書を作成
吉井幸輔より転居を忠告される
高台寺月真院の御陵衛士を訪問
岡本健三郎と福井に向い村田巳三郎と面会
11月 松平春嶽に拝謁し上京を要請 煙草屋旅館で三岡八郎に会い新政府の財政策を問う 福井より京に向う
酢屋に入り新政府綱領八策を草案
西郷吉之助に新政府綱領八策と新官制擬定書を指めす
中島作太郎が坂本龍馬の代理として長崎で紀州藩代表と賠償金減額を妥協し京に向う
永井尚志を訪問
伊東甲子太郎が坂本龍馬を訪問
伊達小次郎に刀についての手紙を書く
永井尚志を訪問
11月15日夕方、近江屋に中岡慎太郎が来訪し、岡本健三郎・菊屋峰吉も来る。午後9時ごろ、岡本・峰吉は所用のため外出。その直後、刺客に襲われ坂本龍馬は闘死。中岡慎太郎(翌々日死亡)・下僕藤吉(翌日死亡)は重傷であった。近江屋新助は土佐藩邸に、峰吉は陸援隊に急を知らせる。
11月16日 大坂に凶報達し、在坂の隊士は京都に急行
11月18日 坂本龍馬、中岡慎太郎、藤吉 会葬、東山に送られる (東山霊山に三人の遺骸を埋葬)
11月26日 新撰組局長近藤勇から事情聴取するも近藤は犯行を否定
11月27日 藩船空蝉長崎に入港して、事件を報知する。
12月 12月2日 長崎から下関に悲報が伝わる お龍は三吉慎蔵から聞く 江戸千葉道場にも坂本龍馬の悲報伝わる
12月7日 海援隊士・陸援隊士ら、紀州藩士三浦休太郎を仇と誤認し、宿舎天満屋に斬込み、新撰組と激闘した。

完全オリジナルフィギュア
現在の製作期間

マイフィギュアってなに?どれくらい似るの?マイフィギュアができるまで購入案内ご注意約款画像の送り方
価格とご購入はこちらマイフィギュアQ&A会社案内 プライバシーポリシー
アフェリエイトリンク集サイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2002-2012 Myfigure / FLEX Inc. All Rights Reserved.
※サイト内のコピー、画像の無断使用を禁じます